リハビリテーション科 – 月間ニュース

リハビリテーション科

最新月間ニュース

令和2年1~3月

  • 【毎年恒例のスノーボードに行ってきました】

    reha_p_r0201-03_01

    1月12日にリハビリ科のスタッフ21名でスノーボードに行ってきました。

    初心者もいましたが、先輩スタッフの丁寧な指導により、みんな滑れるようになりました。

    幅広い年代で集まることができ、より一層リハビリ科の絆が深くなりました。

    これからも連携を取り、より良い治療を提供できるリハビリ科を目指していきます。

  • 【作業療法士・理学療法士の新人発表をしました】

    reha_p_r0201-03_02

    1月26日に作業療法士の浅野、2月2日に理学療法士の高島・田中・長渡・渡辺で新人発表に参加してきました。

    1人の症例に向き合い、その人にとって何が必要かを考え、評価・治療を行う一連のプロセスを学んだ結果を発表してきました。

    症例患者様にたくさんの時間を割いていただき、協力していただきました。また先輩方にも多くのことを学ばせて頂きました。

    この経験を糧にこれからも患者様にとって的確なアプローチを行えるように精進していきます。

    協力してくださった皆様ありがとうございました。

  • 【「理学療法」の特集を執筆しました】

    reha_p_r0201-03_03

    理学療法士の水池・水島・久須美が、2020年1月に発行された『理学療法』(37巻1号)の「筋・骨格系障害患者の理学療法におけるフィジカルアセスメントのポイント―膝関節疾患と肩関節疾患を中心に」を執筆しました。当院における筋・骨格系障害患者に対する理学療法におけるフィジカルアセスメントの具体例、考え方について紹介しています。ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

  • 【資格を取得しました】

    ■ファンクショナルローラーピラティス(FRP)アドバンス資格

    reha_p_r0201-03_04理学療法士の水島が、ファンクショナルローラーピラティス(FRP)アドバンスの資格を取得しました。FRPの勉強をし始めてから3年が経ち、ベーシック・ミドルの資格を取得し、ようやくアドバンスの資格まで取得することができました。これで107個のエクササイズを習得することができました。この3年間で僕自身、全身の柔軟性が拡大し、姿勢の改善や自分自身の体と特性を知ることができました。今後も今回学んだことを臨床に還元していきたいと思います。

  • 【明石運動器リハビリテーション研究会の勉強会を開催しました】

    reha_p_r0201-03_05

    2月8日に明石運動器リハビリテーション研究会第27回定例勉強会を開催しました。当院理学療法士の三宅崇史先生に講義と実技指導をしていただきました。三宅先生より、大腿骨近位部骨折に対して、まず術前のレントゲンでどう判断するか、どこが折れているか、骨折の分類、荷重の有無はどうするかなどについて、詳しく説明して頂きました。また、解剖学や運動学など基礎的なところから、歩行観察や歩容形成に繋げる方法を教えて頂きました。触診から評価方法や運動療法に関する実技指導もあり、知識を深めることができました。