健康管理センター(健診・ドック)

人間ドック

愛車のお手入れは欠かさない貴方!でも、ご自身のからだは?
今から約40億年前に誕生した「生命」は、様々な進化をたどり、約60兆個という私達が一生かかっても数え切れない数の細胞から成り立つ「ヒト」をつくりあげました。 そんな大きな「生命」を預かっている私達にできることは、この「からだ」を大切に使っていくことだと思います。

私どもは、日々そんな気持ちを込めてドック健診をおこなっております。発見につとめられ、健康的な日常生活を送っていただけるように願って止みません。

当施設は下記の認定病院です
・人間ドック健診施設機能評価 認定病院
・マンモグラフィ検診施設 認定病院

人間ドックのご案内 詳細ページはこちら

脳ドック

早期発見で脳卒中を未然に防ぎましょう
ある日、突然に意識を失って倒れる脳卒中は、私達一人一人の健康問題にとまらず、家庭環境までも破壊してしまう恐れがあります。 脳の病気では、生命をとりとめても、半身不随等の後遺症のために社会復帰が難しく、全国統計によれば寝たっきり患者の約半数は、脳卒中によるとされています。

すこやかな人生を送り、幸せな家庭を守るためにも、是非とも脳卒中は未然に防ぎたいものです。 大久保病院では、MRI(磁気共鳴診断装置)などの最新鋭の医療機器を使用して、クモ膜下出血や脳梗塞等の撲滅を目指し、「脳ドック」を実施しています。脳の健康度チェックにご利用下さい。

脳ドックのご案内 詳細ページはこちら

受診者様の権利

1.受診者様の人格は、常に尊重されます。
全ての人は誰でもその人格と価値観を尊重され、大切に扱われます。

2.良質な医療を平等に受けることができます。
全ての人が、人種・民族・信条・職業・性別等により差別されることなく、平等な人間ドック・健診サービスを受けることができます。

3.ご自身の受ける人間ドック・健診サービスの全ての情報を得ることができます。
あなたは、ご自身の受ける検査の意味、危険性の有無を十分に納得できるまで、説明を受けることができます。 また所定の手続きに基づいてご自身の人間ドック・健診記録の開示を求めることもできます。

4.ご自身の検査を自己選択し、自己決定することができます。
あなたは、十分な説明と情報提供を受けたうえで、ご自分の意思と責任において人間ドック・健診サービスと実施機関を選び、また受けたくない検査を拒否することができます。

5.個人情報とプライバシーは保護されます。
診療中に得られた個人情報は厳密に保護され、あなたのプライバシーが他人に侵害されないように配慮いたします。

6.受診者は抗議する権利を持ちます。
人間ドック・健診サービスに対して不平・不満がある場合は、スタッフや施設管理責任者へ訴えることができます。

受診者様にご協力いただきたいこと

1.ご自身の健康に関する情報を提供しなければなりません。
受診者様は適切な人間ドック・健診サービスを受けるためには、人間ドック・健診サービス提供者に対して、ご自身の健康に関する正確な情報を提供しなければなりません。

2.他の受診者様への配慮をお願いします。
大久保病院健康管理センターでは数多くの受診者様に人間ドック・健診サービスを提供しています。
他の受診者様の人間ドック・健診サービスに支障のないように、お互いに配慮をお願いします。

特定医療法人誠仁会 大久保病院 健康管理センター
平成23年8月改訂

医師紹介

  • 山本 勇造
    山本 勇造
    【卒業年度】
    昭和39年
    【専門領域】
    一般外科
    【認定医・専門医等】
    認定産業医、日本外科学会指導医、人間ドック学会認定医
    【患者様へのメッセージ】
    救急告示病院として、地域の医療に貢献していきたい。