PRP外来

  • PRP外来
  • PRP外来
  • PRP外来

再生医療について

 最近では、山中伸弥教授のiPS細胞が注目されていますが、「ケガや病気、加齢などにより欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、再生能力を有する細胞や組織を体内へ移植することにより、損傷した組織や臓器を再生させ、失われた人体機能を回復させる医療」を再生医療と言います。再生医療には様々な種類がありますが、その1つにPRP療法があります。

PRP療法の歴史

 1990年代初め頃より、美容形成領域における「しわ」や「たるみ」を伸ばすアンチエイジングとしてPRP療法は注目され始めました。それが2000年代に入りスポーツ整形外科の分野でも使用されるようになってきました。特に海外で使用されるケースが多く、ヤンキースの田中将大選手やエンゼルスの大谷翔平選手が右肘の靱帯損傷に対する治療としてPRP療法を行ったのは記憶に新しい出来事です。日本では保険が効かないため、PRPの認知度や使用頻度が低かったのですが、2018年に最新医療を紹介するテレビ番組が放送されてから一気に注目が集まっています。

PRP療法とは

 PRPとはplatelet-rich plasmaの略で、日本語では多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)と言います。PRPは血液から血小板を濃縮することにより作製し、血小板に含まれる活性の高い成長因子を多く含みます。血小板は、血管が傷ついたとき、傷ついた場所に集まって血を固める働きがあります。その際、血小板から多量の成長因子が放出されます。この成長因子は、傷ついた組織の修復を促します。血小板の放出する成長因子の効果により、組織の修復が早まったり、治りにくい組織の修復が期待されます。この効果を利用する治療方法がPRP療法です。

PRP療法の適応疾患

大久保病院でのPRP療法の流れ

① PRP療法に興味のある方は、明石スポーツ整形・関節外科センターに予約して頂きます。
予約センター 078-935-2940 (月~土 9:00 ~ 13:00)

② 専門医師による診察や画像診断を行い、PRP療法の適応があるかどうかを診断します。

③ PRP療法の適応があると診断された場合、PRP外来(第2・4金曜日 14:00~)の予約をさせて頂きます。
PRP療法は保険適応外ですので、混合診療にならないように別の日に行う必要があります。

④ PRP外来にてPRP療法を行います。経過観察のため約1ヶ月後に外来の予約をさせて頂きます。
また、必要に応じてリハビリを開始します。

⑤ ご自身の保険を利用して、リハビリや外来診療を行います。

PRP外来での流れ

 治療は日帰りで終わります。

① 患者さまの血液を治療に適した量だけ採取します。
prp_201907_illust_01

② 血液を遠心分離し、特殊なキットでPRPを作成します。
prp_201907_illust_02

③ テープ状の麻酔薬で表面麻酔をした後に、PRPを注射器で患部に注射します。
prp_201907_illust_03

PRPの治療効果

 PRP療法は、患者様個人の自然治癒力を利用しているため、その治療効果に個人差があり、治療効果が保証されるわけではありません。また、効果によっては、複数回の治療が必要となることがあります。

治療にかかる費用について

 PRP療法は公的保険の対象ではありませんので、当院の所定の施術料をお支払いいただきます。治療にかかる費用は、1回の施術あたり28,000円(別途消費税)が基本料金となります。部位によっては、たくさんのPRPが必要になるため料金が変更になる場合があります。