産婦人科

産婦人科

婦人科疾患は多岐に亘り、感染症(膣炎・付属器炎等)・ホルモン異常(無月経・更年期障害等)・腫瘍(子宮筋腫・卵巣腫瘍・癌等)・位置異常(性器脱など)等多くの病気が在ります。 それぞれの疾患にはそれぞれの検査法・治療法があるのは周知の如くですが、当科では出来るだけ患者様に負担のかからない検査法を用いた診断、患者様・医師双方が納得できる適切な治療を心がけています。

尚現在、産科診療(妊娠管理・分娩)は行っておりません。大変ご迷惑をおかけしますが、皆様のご理解をお願い申し上げます。

【 診療内容・特色 】

  • ◎子宮がん検診
    病院個別に行う「子宮がん検診」のほか、行政(明石市)が行う「子宮がん検診」も行っています。
  • ◎二次検診
    子宮がん検診で異常が指摘された患者様に対し、専門医がコルポスコピー・生検(病理検査)を行います。
  • ◎性器感染症
    膣炎(トリコモナス・カンジダ・一般細菌)・頸管炎(淋菌・クラミジア)・子宮内膜炎~子宮付属器炎~骨盤腹膜炎などの診断と治療。
  • ◎ホルモン異常
    思春期の月経異常や排卵障害・更年期障害などの診断と治療。
  • ◎腫瘍
    良性腫瘍 ; 子宮筋腫・卵巣嚢腫などの診断と治療。
    悪性腫瘍 ; 子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌の早期診断と前癌状態を含め初期癌の治療。
    子宮内膜症 ; 腺筋症・チョコレート嚢腫などの診断と治療。
  • ◎位置異常
    性器脱(子宮脱・膀胱脱・直腸脱など)の保存療法。
  • ◎女性医学:女性特有の体とこころの不具合(頭痛を含む)などの診断と治療。

【 特色 】
当院には細胞検査士・細胞診専門医・婦人科腫瘍専門医が常勤しています。
がん検診を含め婦人科腫瘍の診断・治療には必ず専門医が携わり質の高い医療を提供できるように努力しています。 病気の種類によっては、外来手術・日帰り手術も積極的に行い、患者様への負担を軽減できるように努力しています。

又、女性ヘルスケア―専門医・女性心身医学認定医も常勤していますので、幅広い婦人科診療が可能です。

【 検査 】
血液検査(血液一般・ホルモン検査・腫瘍マーカーなど)
画像診断(超音波・各種レントゲン・マンモグラフィー・CT・MRIなど)
細胞診・コルポスコピー・病理検査・HPV検査など。

医師紹介

  • 吉岡 巌
    吉岡 巌 (理事長)
    【卒業年度】
    昭和39年
    【専門領域】
    産婦人科全般
    【認定医・専門医等】
    日本産科婦人科学会認定 産科婦人科専門医
    母体保護法指定医
    【所属学会】
    日本産科婦人科学会
    【患者様へのメッセージ】
    子宮癌等の悪性疾患の早期発見、子宮筋腫等の婦人科疾患の手術療法を含む治療を積極的に行っています。
    更年期障害等の女性特有の疾患も取り扱っています。
  • 小笠原 利忠
    小笠原 利忠 (副院長)
    【卒業年度】
    昭和57年
    【専門領域】
    産婦人科・婦人科病理・細胞診診断
    【認定医・専門医等】
    医学博士
    日産科婦人科学会認定 産科婦人科専門医
    日本専門医機構 産婦人科専門医
    日臨床細胞学会認定 細胞診専門医・指導医
    日本婦人科腫瘍学会認定 婦人科腫瘍専門医
    日本がん治療認定機構 がん治療認定医
    母体保護法指定医
    【所属学会】
    日本産科婦人科学会
    日本臨床細胞学会(理事)
    日本臨床細胞学会近畿連合会(会長)
    日本婦人科腫瘍学会
    日本癌治療学会
    日本病理学会
    日本婦人科病理学会
    日本婦人科がん検診学会(理事)
    兵庫県臨床細胞学会(会長)
    【患者様へのメッセージ】
    長年婦人科腫瘍の診断・治療に携わってきました。
    専門領域は婦人科腫瘍特に子宮頸がんの早期診断です。
    子宮頸がんは、近年若い世代に増加傾向がみられます。幸い子宮頸がんは前がん状態(上皮内腫瘍)が存在し、数か月から数年かけて癌に進行します。前がん状態(上皮内腫瘍)のうちに診断できれば治療も容易で子宮温存も可能です。
    当院では、子宮頸部上皮内腫瘍に対して、正確な診断のもとにレーザー治療を導入し、日帰り手術など患者様の負担の少ない医療を提供できるよう努力しています。
  • 内藤 子来
    内藤 子来 (婦人科部長)
    【卒業年度】
    平成4年
    【専門領域】
    産婦人科・女性医学・細胞診
    【認定医・専門医等】
    医学博士
    日本産科婦人科学会 専門医
    日本専門医機構 産婦人科専門医
    母体保護法指定医師
    日本臨床細胞学会 細胞診専門医
    日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医
    日本頭痛学会 専門医
    日本抗加齢医学会 専門医
    日本女性心身医学会 認定医
    マンモグラフィ読影認定医
    【所属学会】
    日本産科婦人科学会
    日本臨床細胞学会(評議員)
    日本女性医学学会
    日本女性心身医学学会
    日本心身医学学会
    日本頭痛学会
    日本抗加齢学会
    日本産婦人科乳腺学会
    日本骨粗鬆学会
    日本プライマリ・ケア連合学会
    日本排尿機能学会
    日本臨床漢方医会
    日本女性栄養・代謝学会
    日本思春期学会
    日本森田療法学会
    日本オーソモレキュラー医学会
    兵庫県臨床細胞学会(理事)
    【患者様へのメッセージ】
    女性のさまざまなライフステージ(思春期、成熟期、更年期、壮年期)における特徴や変化を理解し、専門医としての知識や経験を通して、女性特有の疾患にお困りの患者さんに寄り添える診療ができるように努めます。