マンモグラフィ+3Dトモシンセシス

マンモグラフィ+3Dトモシンセシスのご案内

3D(トモシンセシス対応)デジタル式乳房X線撮影装置(マンモグラフィ)

当院では、3D(トモシンセシス)撮影機能を搭載した最新のデジタル式乳房X線撮影装置(マンモグラフィ)を導入しました。

mammography_3d-tomosynthesis_01

【早期発見のために・・・】
マンモグラフィは乳房専用のX線撮影による検査方法で一般的に用いられています。
触診では発見できない小さなしこりや、早期がんの組織の変化もとらえることができます。

【どんな検査?】
左右の乳房を片方ずつ台に乗せ、乳房全体を圧迫板ではさんで撮影します。
立体的な乳房は、そのままでは病変が隠れてしまうことがあるため、より病変を見やすくする必要があります。

mammography_3d-tomosynthesis_02

【3D(トモシンセシス)とは?】
撮影角度を変えて複数の方向から撮影を行い、収集したデータを元に3次元的に再構成し鮮明な断層像を作成します。3D画像は1mmごとの薄くスライドされた乳腺の画像を確認することができます。

【3D(トモシンセシス)オプション料金】
通常のマンモグラフィ料金に3,000円(税別)の追加料金が発生します。

不明な点やご相談などありましたらご連絡ください。
特定医療法人誠仁会大久保病院健康管理センター 078-935-2636