地域医療連携室

地域医療連携室について

地域医療連携室スタッフ地域医療連携室では、退院調整専任看護師1名と医療相談員1名を配置し、在宅療養支援や医療福祉相談に対応しています。
近年、多くの病院に「地域医療連携室」が設置され、その業務の内容はいろいろです。 当院の場合、「安心して病気をなおし、安心した退院へ」をモットーに、特に退院時の支援に力を入れています。 退院に関わる諸問題は当院のみでは解決できません。地域の多くの関係機関とも連携をとり、院内外の専門家が知恵と力をあわせて、本人・家族の方が望まれる退院が出来るよう努力しています。その要の業務を私たちが担っています。

退院調整専任看護師

退院後の生活が大変だと予測される患者様を入院の早い時期に発見し、師長・担当看護師と共に必要な支援を開始します。退院までには「チーム医療」と「地域連携」が欠かせません。 院内の多職種(リハスタッフ・栄養士・薬剤師等)で行う院内カンファレンス、地域のケアマネージャー・訪問看護師・施設スタッフ等で行う退院前カンファレンスを設定し、必要な支援が総合的に行われるよう調整しています。

医療相談員

患者様やご家族様に生じるさまざまな心配や悩み事などの問題に対し、医療相談員がご相談をお受けし、共に考えていきます。

例えば・・・
・医療費の支払いについて心配している
・退院後の生活に不安がある
・転院や施設への入所について知りたい
・介護保険制度を利用したい
・療養中の人間関係に悩んでいる
・身体障害者関係の制度を知りたい
・その他、お困りのことがありましたらご相談下さい。

相談窓口
ご来院の際は、受付か院内職員にお申し出頂ければこちらからお伺い致します。
なお、お電話を頂いても結構です。

お問い合わせ

時間:午前8:45~午後5:15(月~金)
電話:078-935-2680(直通)

大久保病院 地域医療連携室