睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の診察についてご説明します。

協和病院 睡眠時無呼吸外来 担当医 草野医師

PSG検査の外部受け入れを始めました

  • ご紹介の際に、①PSG検査のみ、②PSG検査からCPAP導入まで、③CPAP導入後も継続して治療、を選択いただけます。(簡易PSGからでも可能です)
  • 金曜日又は日曜日の夜に入院していただき、翌朝の取り外しとなります。

PSG検査の流れ

①紹介状(診療情報提供書)を持参して、睡眠時無呼吸外来(要予約)を受診していただきます。
②検査日、検査結果報告日を決めます。
③検査当日(金曜日又は日曜日)夜7時頃病院に入り、8時頃から測定器を取り付け、翌朝6時に取り外して退院(手続きなし)になります。
④検査に係る費用は、3割負担の場合約28,000円で、結果報告の日にまとめてご精算いただきます。(食事、寝衣は各自でご用意お願いします)

お問合せは、検査室・藤原まで。

在宅での検査が可能になりました(平成21年3月より)

在宅での検査費用は3割負担の場合5千円程度です。
検査は、腕と鼻に検査器具を取り付けるだけで済みます。
睡眠時無呼吸症候群の診断と、大まかな重症度が判定できます。

初診から結果報告までの流れについて

外来が予約診療であり毎週金曜日、午後4:00から4:30となっております。

診療予約 外来事務受付で予約してください。
初 診 基礎疾患や症状について診察します。
検査日と結果説明の日を決めます。
検 査 自宅で寝る前に腕に簡単な検査装置を装着して寝ていただきます。
翌日に検査装置を返却していただきます。
結果報告 重症度や今後の治療について説明します。

重症度が高い場合

重症度が高い場合は1泊入院による詳しい検査が必要となります。
その場合は3割負担の方で3万円程度必要になります。