特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導について

平成20年4月より特定健診・特定保健指導が義務化されます。

糖尿病、高血圧、高脂血症などの「生活習慣病」の該当者、予備群を減らすために『内臓脂肪型満(メタボリックシンドローム』に着目した生活習慣病予防対策が導入されます。

メタボリックシンドロームについての保健指導が必要な対象者を抽出するための健康診断となります。協和病院も、特定健診・特定保健指導の実施に向けて準備を進めております。

機関情報

健診機関情報(PDF:110KB)はこちら

最終更新日:2008/01/24